特産品にまつわるおはなし

「いかなごくぎ煮」

とれたてピチピチの美味しい旬を、甘辛く煮詰めたくぎ煮

一番美味しいといわれる3センチほどに成長したいかなごの稚魚を「新子」と呼びますが、毎年2月下旬から3月初旬に、播磨灘や大阪湾で新子をとるいかなご漁が解禁になります。スーパーでは「いかなご入荷しました」のノボリが並び、特設コーナーが設けられるなど、春の風物詩としてすっかり定着しています。「いかなごのくぎ煮」は、とれたばかりの新子を醤油や砂糖(ザラメ)、みりん、生姜などで甘辛く煮詰めた佃煮。ご飯が何杯でもススム逸品です。

いかなご漁ができる期間は、わずか1-2か月。つまり新物のいかなごを味わえるのも、この短い期間だけです。くぎ煮は鮮度が美味しさをわけるともいわれるほど、水揚げされたばかりのものを調理するのも特徴です。関西に春を告げる、とれたてピチピチの美味しい旬を、ぜひ一度ご賞味ください。